いつかは持ちたい!ワンランク上のプラチナカード

一定の条件を満たす必要がある


クレジットカードを作るとき、カード会社によって複数のサービスを用意しています。まずは一般カードがあり、比較的審査も緩やかです。定期的な収入があれば作れるでしょう。その上がゴールドカードで、その名の通り金色のカードです。年会費などが増え、利用できるサービスも増えます。さらに上にあるのがプラチナカードです。白っぽい輝きのカードで、ゴールドカードよりも年会費が増え、サービスの質もアップします。ただ、審査は非常に厳しくなります。カード会社によって設定は異なりますが、年収による審査が非常に厳しいです。あるカードでは年収1千万円以上ないといけないとされています。その他、年齢で条件を付けているところだとその年齢にならないと利用できません。


ゴールドカード以上のサービスが受けられる


一般の人がクレジットカードを作るとき、一般カードかゴールドカードになるでしょう。新入社員から中堅社員ぐらいだと一般カードですが、マネジャークラスになるとゴールドカードを持つ人がいます。買い物などの支払いが多ければ、いろいろとメリットがあるとされます。マネジャーの中でもさらに上のクラスの部長などになるとプラチナカードを検討するかもしれません。ゴールドカードに設定されているサービスはもちろんですが、その上のサービスが受けられるようになります。空港ラウンジの利用はもちろんですが、いろいろなサービスの予約がしやすくなります。ホテルや飛行機の利用をするとき、満室や満席でも予約ができる時があります。部屋のアップグレードを受けられるなどもあります。

コンビニの決済代行は、支払い期限までなら24時間いつでも払う事が可能なので、日中忙しい方でも気軽に利用する事が出来ます。